かつての日本に似た状態|初めてでも安心してデイサービスやコンビニを経営する方法
ウーマン

かつての日本に似た状態

男の人と女の人

信頼できるパートナー

インドネシアの会社設立を具体的に検討しているのであれば、まず、信頼できるパートナーを選ぶことを考えましょう。当然のことながら、現地の会社法は日本とは異なる部分が多々ありますから、これに精通しているパートナーが望ましくなります。また、BKPM(インドネシア投資調整庁)をはじめ、日本で言う法務省や経済産業省、財務省といった多様な行政機関との調整が必要となるため、ご自身で全て手続きするのは時間がかかってしまいます。さらに、会社設立にはさまざまな文書を英語やインドネシア語で作成しなければなりませんからなおさらです。少しでも早く手続きを終え、企業活動を早めに開始したほうが経営的にもメリットとなることは間違いありません。企業の海外進出をサポートしてくれる業者は意外にも多数ありますから、インドネシアにおける会社設立の実績が豊富な業者を選択することがおすすめです。なお、案件の相談は無料で行えるところが多いですから、まずは、このようなサービスを活用してみるとよいでしょう。

魅力あふれる市場

インドネシアへの会社設立が注目されている理由は多々ありますが、最大の理由は、人口増加による市場としての魅力と言えるでしょう。インドネシアの人口は、日本のおよそ2倍の2億4000万人程度となっており、出生率も2.3%程度となっています。今度、人口減少が進むことが確実な日本に比べると、市場としての魅力は格段に高いため、注目が集まるのも無理はありません。また、インドネシアは日本と異なり、天然ガスや石油といった天然資源が豊富ですから、これらの資源を低価格で安定的に手に入れられるメリットは大きいでしょう。このように、現在のインドネシアは、かつての日本の高度経済成長期を彷彿とさせるような状況にあり、しかも、資源国としての優位性を持っています。確かに、言語や文化の壁はありますが、それ以上に魅力が多いという点で、会社設立に注目が集まっているのです。