飲食店の独立支援|初めてでも安心してデイサービスやコンビニを経営する方法
ウーマン

飲食店の独立支援

店員

返済不要の助成金

飲食店の求人を見ると、独立支援を謳う求人も少なくなく、特にラーメン店などではそれが当たり前になっております。ラーメン店などの場合は、基本的に独立開業が推奨されており、サラリーマンとしてまとまることが少ないので、いつでも独立できるよう準備する必要があります。そんな中で、是が非でも知っておくべきであるのが、小規模事業者持続化補助金の存在です。これは50万円を上限に返済不要の補助金が出るというものであり、ギリギリの予算でどうしても開業したいという人にとっては、本当に大助かりの制度と言えるでしょう。求人を出す側もこれをきちんと知っておけば、きっと安心して独立支援を謳って求人を出すことができるでしょう。

新規性のあるビジネスに

新規性のあるビジネスであれば、創業補助金という補助金が国から支給されます。例えばラーメン店の場合、地元特産の食材をふんだんに使ったラーメン店、というようなものであれば認められます。フランチャイズの出店は通常対象外になりますが、その地域に初めて出店するなどの新規性があればOKです。この補助金は承認率が約70%と、補助金の承認率としては異例の高さを誇ります。この創業者補助金をうまく利用すれば、自己資本がほとんどない場合であっても飲食店の独立が可能です。とりわけラーメン店の場合は、多くの場合これを頼りに独立開業をしており、また独立開業を促すラーメン店側にしても、この制度に助けられているというのが実情です。